読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不幸は重なる。

祖父が亡くなった。

享年98歳、老衰で大往生だったと思う。

この祖父は、なんというか自由人で、やりたいことをやりたいようにやっていて、エネルギッシュな人だった。

でもそのせいで、父が祖父の命令を全然断れなくて、我が家はかなり迷惑をかけられた。

亡くなって悲しい気持ちももちろんあるけど、これで煩わせられることももう無い。とも思った。

まあ最後の数年は可愛いボケ老人だったんだけど。

 

葬式も終わってほっと一息ついたと思ったら、今度は夫の親族に不幸があった。

通夜告別式、一日休んでまた通夜告別式。

夫の会社の方の親族と、義妹の友人にも不幸があったようで、なんとも言えない気持ちになった。

重なるもんなんだな。

 

私本人は新しいお薬のおかげでなかなか元気なんだけれど。