読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢日記

幽体離脱のように私がふたつに分かれる夢。

幽体離脱とは違って、あくまでも両方私の身体であるようだ。

私は特に驚くことはなく、普通のこととして受け止めている。

 

意識が無くなり、その分軽くなった私の身体を布団にうつ伏せに寝かせる。

身体が疲れていたのでマッサージを施す。

足の裏からひざ裏、足の付根までぐいぐい押す。

ここで私は意識のない自分が裸であることに気づく。

 

昔習った足のリンパマッサージが役に立った。と思う。

そうこうしていると夫がやって来る。

布団を並べて敷いていいるので、寝に来たようだ。

 

ふと見ると私の股が緑色の液体で汚れていた。

緑色とはいったいどうしたことだろうと思いながら拭うと、大量の何かがずるりと出てきた。

これはさっき食べたものがそのまま出てきたみたいだ。

 

ビニール手袋が右手にしかついていなかったので、左手にもつけるために台所へ行く。

夫もついてきて一緒に片付けてくれるようだ。

両手にビニール手袋をつけて、ゴミ袋を一枚取り出した。

キッチン用のミニタオルが古くなってきたので、それを雑巾にしよう。

 

…と思ったところで目が覚めた。